新潟県内すべて対応可能

遺品整理に資格は必要なの?どこに依頼すればいいのか、またその注意点は?

遺品整理を業者に依頼したいけれど、安心して任せられる業者をどう探したら良いのかお悩みの方もいるのではないでしょうか。

故人の思い出のつまった遺品ですから、丁寧に扱ってくれてそれでいて費用面でもなるべく負担の少ない形で依頼したいですよね。

今回は遺品整理業者に必要な資格や、どこに依頼すればいいのか、その際の注意点についてご紹介していきます。

遺品整理業者を選ぶ参考にしていただけたらと思います。

【こちらの関連記事もご覧ください】

遺品整理業に必要な資格とは

遺品整理を業として行うために資格は必要ありません。

ただし、特定の作業をするためには許可を持っている必要があり、遺品整理業者がそれらを持っているかというのも判断材料となります。

それぞれの資格や許可について見ていきましょう。

遺品整理士

一般社団法人遺品整理士認定協会が認定している資格が遺品整理士です。

国家資格ではなく民間資格なので、法的な効力はありませんが、信頼性のある業者を選ぶためのひとつの判断材料として注目を集めています。

遺品整理士は、遺品整理に関する法律や廃棄物処理方法などを講義で学び、試験に合格することで認定される資格です。

遺品整理士認定協会は、プロフェッショナルの育成や遺品整理士のネットワークの構築など、業界の健全化に寄与しています。

一般廃棄物収集運搬許可証

遺品整理をする際には不用品が出るため、それらを運び出さなければいけません。

その作業を行うのに必要なのが、一般廃棄物収集運搬許可証です。

各市町村から許可を受ける一般廃棄物収集運搬許可証は、資格がなければ一般家庭からでる不用品を回収することができないんです。

そのため、遺品整理を依頼する業者が、この一般廃棄物収集運搬許可証を持っているかの確認をする必要があります。

ただし、一般廃棄物収集運搬許可証が無くても、委託先に許可を持っている業者がある場合は作業に支障が無いため、この2点については覚えておきましょう。

古物商許可証

遺品のなかに買い取りをしてもらいたいというものがある場合や、その可能性がある際には古物商許可証を持っている業者に依頼するとスムーズに遺品整理を行うことができます。

遺品の買い取りやそれらを売却するためには、各都道府県の公安委員会に申請して得られる古物商許可証が必要です。

遺品整理を依頼する業者が古物商許可証を持っていない場合、売却したい遺品はその業者の委託先か、リサイクルショップなどに持ち込むことになります。

遺品整理を依頼できる業者

遺品整理を依頼しようとした場合、どういった業者に連絡を取ればいいのでしょうか。

故人が住んでいた地域によっては、選択肢が限られている場合もあるので、遺品整理を依頼できる業者について、ここではいくつか見ていきたいと思います。

遺品整理専門業者

遺品整理を専門にしている業者で、遺品整理の需要が高まるなか年々増えています。

遺品整理に関するサービスが豊富なところが多く、希望すれば手間や時間をかけることなく、ほとんどのことを任せることができます。

不用品回収業者

遺品整理を業務として行っている不用品回収業者もあります。

不用品回収業者というと、不用品を回収して処分するだけというイメージがあるかもしれませんが、遺品整理のニーズがあることから、経験をつむことで遺品整理のノウハウを持っている業者も数多くあります。

清掃業者

遺品整理は部屋を片付けることがメインの作業です。

清掃業者の中にも遺品整理を行っている業者があり、遺品整理に関するサービスを受けることができます。

また、特殊清掃が必要な場合にも対応できる業者もあるので、賃貸住宅の原状復帰などの依頼が可能です。

遺品整理業者の選び方

遺品整理を依頼する業者を選ぶためのポイントをいくつかご紹介します。

遺品整理を依頼できる業者には、優良な業者もいれば、悪質な業者も存在します。

思い出のつまった遺品を大切に扱ってもらえる、信頼の置ける業者を選ぶためにひとつずつ確認していきましょう。

遺品整理士認定協会の優良事業所の指定を受けている

遺品整理士を認定する組織である一般社団法人遺品整理士認定協会は、信頼できる業者として「優良事業所」の認定をしています。

遺品整理業のモラル低下を懸念して作られた組織なので、優良事業所として指定されていることはひとつの判断材料とすることができます。

もちろん優良事業所や協会員でなくても優良な業者もあるので、あくまでもひとつのポイントとして考えておきましょう。

遺品整理士が在籍している

遺品整理士の資格を取得するために、遺品を扱うための知識や廃棄物などの法令を学ぶため、遺品整理に関しての基本的な知識は最低限持っていることを確認することができます。

ただし、最終的には資格よりも個人であったり業者の姿勢が大事という面もあるので、あくまでもひとつのポイントとして考えておきましょう。

連絡が即日対応

遺品整理を業者に依頼するということは、困りごとがあるからです。

そういった気持ちをくんで、連絡を即日で対応してくれる業者を選ぶようにしましょう。

また、電話やメールの対応についても判断材料としていいでしょう。

対応をしっかりとしてくれる業者は、社員教育もしっかりとできている可能性が高いといえます。

見積もりをわかりやすく明示してくれる

遺品整理にかかるすべての費用に関して、明示してくれているか確認しましょう。

また、見積もり時に上限金額も記載してくれる業者であれば、後からさらに費用がかかるようなことがないので安心です。

そして、見積もりの責任者と作業当日の責任者が同じかということも確認しましょう。

責任者が同じであれば、当日の支払いでトラブルになる要素も下げることができます。

【こちらの関連記事もご覧ください】

  1. できれば避けたい墓じまいのトラブル!実際に起きた事例をご紹介
  2. お墓は地元に置き去り?遠方にあるお墓の墓じまい方法
  3. 実録!墓じまいの進め方とお墓の処分は実際にどの様にやる?

遺品整理業者に依頼する際の注意点

遺品管理業者とのトラブルで多いのが、作業内容と金銭面に関することです。

遺品整理を依頼した業者ともめることがないように、いくつか注意点を見ていきましょう。

2社以上から見積もりをとる

遺品整理の料金体系は、それぞれの業者で異なります。

適正な料金でしっかりとした作業をしてもらうために、複数社から見積もりをとるようにしましょう。

できれば、3社から4社ほどに見積もりを依頼して、比較するようにします。

他にもっと安いところがあるかもしれないと、これよりもたくさんの見積もりを取ろうとすると時間も手間もかかってしまいます。

出張見積りが無料か確認

遺品整理業者に見積もりを依頼する際には、出張見積りに関して無料であるかどうかを確認しましょう。

トラブルのケースには、見積もりを依頼して金額に納得できないといった場合に、出張見積りの費用を請求されたというものもあります。

遺品整理の見積もりを依頼する前に確認することで、納得できる見積もりを出してくれた業者をじっくりと選んで契約することができます。

作業予定項目をチェック

遺品整理の方法やおおよその時間、それに支払い方法などを確認しましょう。

とくに買い取りや処分、清掃など作業に関する点は細かく明確に確認する必要があります。

また、見積もり金額に追加される可能性についても聞いておきましょう。

追加料金については見積もりに明記しておくことで、後からのトラブルを避けることができます。

遺品整理を依頼した際の費用相場

遺品整理を業者に依頼した場合、どれくらいの費用がかかるのか費用相場について見ていきます。

遺品整理の基本料金

遺品整理でかかる基本料金の相場は30,000円から200,000円ほどです。

部屋の広さや数によって基本料金も変わってきます。

また、地域によっても料金は変わるのであくまでも目安ですが、この基本料金にプラスされる形で住宅の条件や人員数、荷物の量などの条件による料金がかかります。

条件による料金

遺品整理をする環境などの条件には以下のようなものがあります。

上記以外にも特殊清掃などが必要な場合には、別途見積もりという形になります。

遺品整理業者は何をしてくれるのか

遺品整理を業者に依頼する際に、どういったことをどこまでしてくれるのかという点も気になるところです。

ここからは、遺品整理に関するサービスについてご紹介していきます。

基本的な遺品整理作業

遺品整理の基本的な作業から見ていきましょう。

遺品整理では仕分けと処分という作業を行います。

遺品の仕分け

遺品を貴重品や思い出のある物、それに処分する物とに仕分けをします。

遺品整理でまず大切な作業が、貴重品を捜索することです。

故人から貴重品の場所を聞いていた場合には、捜索の必要はありませんが、多くの場合は何がどれだけどこにあるのかわかりません。

銀行通帳や実印、有価証券や保険の書類、不動産の権利書などの貴重品は、相続税の申告にも必要なので最優先で探すようにします。

遺品整理をする業者は、貴重品を探す経験もつんでいるので、この作業を依頼する自体が利点ともいえます。

遺品の供養

遺品整理で処分する物のなかには、思い出にあふれているものを不用品として処分したくないものもあるでしょう。

ただ、置いておくスペースも限られていて、結局は手放さなければならないという場合もあります。

故人が大事にしていた人形や生活でよく使っていたものなどは、お炊き上げなどで供養することができます。

また、仏壇や神棚などを処分したい際にも供養を行ってから処分することになります。

遺品の買い取り

遺品のなかで腕時計や宝石類、カメラや美術品、ホビー関係、家電や家具などは買い取りの対象になる可能性が高くあります。

ただし、中古品の買い取りには古物商許可証が必要なので、依頼する業者が持っているかあらかじめ確認しておくようにしましょう。

遺品整理業者に買い取りの依頼をしない際には、自分でリサイクルショップに連絡をして買い取りの依頼をするという方法もあります。

特殊なオプションサービス

業者は限られますが、特殊な状況において依頼できるオプションサービスもあります。

特殊清掃や消臭工事

故人がひとりで亡くなられていた場合、発見が遅れてしまうというケースもあります。

その場合は、部屋の特殊清掃が必要になったり、消臭工事をしなければならなくなります。

遺品整理の業者のなかには、こういった特殊なサービスを行ってくれるところもあります。

ゴミ屋敷の片付け

遺品整理や通常の清掃とは異なり、ゴミ屋敷の片付けにはノウハウが必要です。

故人の家や部屋の状態によっては、ゴミ屋敷清掃の経験を持つ業者に依頼したほうがいいでしょう。

各種手続きの代行

遺品整理の基本的な作業は片付けや清掃などですが、オプションのサービスとして相続や不動産などに関することを行ってくれる業者もあります。

契約の手続き

故人が亡くなられると、さまざまな手続きも進めていかなくてはなりません。

公共料金や携帯電話などの解約や生命保険の連絡など、多くの作業が必要になります。

こういった手続きをサービスのひとつとして位置づけている業者もあります。

故人が亡くなってからはたくさんのことをしなければならなく、負担も大きくなってしまいます。

時間が取れない場合などには、こういったサービスを利用する検討をしてもいいでしょう。

相続に関する代行

遺品整理業者のなかには相続税の申告や納税、遺産分割を代行してくれるところもあります。

税理士や司法書士が行う分野ですので、そういった専門家と連携している必要があります。

不動産整理

故人が所有していた不動産を売却して整理する際に、対応できる遺品整理業者もあります。

不動産整理に急を要する場合や扱いが難しい場合には、このサービスを提供している遺品整理業者に相談してみましょう。

生前整理

生きている間に遺品整理を行っておけば、家族への負担を少しでも軽くすることができます。

そこで、近年多くなっているのが生前整理です。

生前整理も遺品整理業者に依頼することができ、所持品の整理などを生前に行うことができます。

【こちらの関連記事もご覧ください】

遺品整理資格のまとめ

ここまで遺品整理業者を選ぶための知識をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

遺品整理業は資格や許可が無くても開業できてしまいます。

ただし、実際に遺品整理の作業を行うためには、許可が必要であり業者を選ぶ際にはしっかりと確認しておく必要があります。

故人の思い出のつまった遺品を整理するためにも、今回ご紹介した選び方や注意点を参考に信頼できる遺品整理業者に依頼するようにしましょう。

相談する前に知るべき3つのこと

新着事例

新着の見積相談

直近3件の新着のご相談を表示しています

  • 201910/2916:51新潟からの新規の予約相談
  • 201910/1510:16東京からの新規の予約相談
  • 201909/1315:04新潟からの新規の予約相談

お役立ち情報

よくある質問

+マークをクリック、あるいはタップすると、回答が表示されます。

Q 現地見積もりや相談にお金はかかりますか?

Aご相談、及び現地見積もりは無料です。お気軽にご相談ください。

Q実家にあるお墓を整理したいのですが、費用や手続きな初めてのことで全くわかりません。また、現在は実家の近くに住んでいないのですが、どのようにすればよいでしょうか?教えて下さい。

A当社にて、墓じまいに関するすべてのサポートができますので、安心してご相談ください。費用については、一度、どのような形をご希望かヒアリングさせて頂き、現場確認のうえ改めてご提示させて頂きます。

Q料金プラン以外に別途お金はかかりますか?

Aパッケージ以外に料金はかかりません。ただし、パッケージ料金に含まれるもの、含まれないものはこちらの料金ページに記載していますので、ご確認ください。なお、ご相談内容によって、パッケージ料金は異なりますが、おおよその目安の金額としてご参考頂ければと思います。

対応地域

新潟墓じまい舎は、新潟県全域に施工対応しております。
地元の方のみならず、遠方にお住まい方もお気軽にご相談ください。

あ行:阿賀野市、阿賀町、粟島浦村、出雲崎町、糸魚川市
か行:柏崎市、刈羽村、加茂市、五泉市、魚沼市、小千谷市
さ行:三条市、新発田市、上越市、聖籠町、関川村
た行:胎内市、田上町、津南町、燕市、十日町市
な行:長岡市、新潟市
ま行:見附市、南魚沼市、、妙高市、村上市
や行:弥彦村、湯沢町(ゆざわまち)
※新潟県全域(佐渡市は対応外)となります。

ご相談・現地調査・見積りは無料です♪

「私たちが丁寧にご案内します」

墓じまい舎

電話 携帯OK!お電話によるお問合せ

ご質問やお見積もりなど、お気軽にお電話ください。ご相談、通話料は無料です。

電話 0120-584-850

電話受付:9:00〜18:00(日曜・祝日除く)

電話 メールによるお問い合わせ

メールフォームからお気軽にご相談内容をお送りください。ご相談は無料です。

メールの問合せはこちら

受付:24時間受付中

対応地域:新潟県全域にて対応しております(佐渡を除く)

btn_footer_tel@2x btn_footer_mail@2x