仏壇じまい、神棚じまいの方法と費用相場を解説!

近年、住宅事情や家庭事情などによって、仏壇や神棚を引き継ぐことができず、処分しなければならない家庭が増えています。

しかし、いざ処分するとなるとなった時、まさかそのまま粗大ゴミに出す訳にはいきませんので

など、たくさんの疑問と直面する人がほとんどです。

今回は仏壇じまい、神棚じまいそれぞれの方法と費用相場を解説いたします。

仏壇じまいの方法と費用相場

まずは仏壇から。

仏壇は、処分をする前に確認しておかなければならないことがあります。

それは「開眼法要」が行われているかどうかという点です。

開眼法要とは

仏壇や位牌の購入時に、お坊さんがお経をあげることを開眼法要と言います

「仏像の眼を開く」という意味があり、すなわち開眼法要を行うことで仏像に魂が宿ると言われています。

そのため別名「魂入れ」と呼ばれることもあります。

また閉眼法要を「閉眼供養」とするケースもあります。

多くの場合、新しく購入した時に開眼法要が行われていますが、念のため確認をしておきましょう。もし開眼法要が行われていたら、処分をする前に「閉眼法要」を行うことになります。

閉眼法要とは

開眼法要の逆で「魂抜き」とも呼ばれ、仏像に宿った魂を抜くためにお坊さんがお経をあげることです

閉眼法要を行うことで仏像はただの「物」となり、処分ができるようになるということです。

閉眼用法は「性根抜き」「閉眼供養」とも呼ばれます。

一般的には開眼法要を行ったお寺にお願いすることが望ましとされていますが、何らかの事情で開眼法要を行ったお寺が分からない、あるいはなくなってしまったといった場合には、閉眼用法を受け付けている他のお寺でも構いません。

なお、閉眼法要にはお布施として10,000円~30,000円程度の費用がかかると思っておきましょう。

仏壇じまいの流れ

閉眼用法が無事に済んだら、次は処分することになります。主に次のような方法があります。

(1)お寺に引き取ってもらう

菩提寺(ぼだいじ=先祖代々のお墓があり、葬式や法要などを行うお寺)がある場合は、閉眼法要をお願いした後にそのまま引き取ってもらえるか確認をしてみましょう。

もし菩提寺が引き取りを行っていない場合、他のお寺で引き取りが可能であれば依頼することができます。

《お寺に引き取ってもらう場合の費用相場》

基本的に有料ですが、お寺の場合は檀家や宗派などの違いによって実に様々です。

そのため直接確認をする方が早いと思われます。

この場合は遠慮なく「いくらかかるのか」と聞いて構いません。

(2)仏具店に引き取ってもらう

仏壇を引き取って処分してくれるサービスを行っている仏具店も少なくありません。

中には閉眼法要から一括で行ってくれるケースもありますので、近くに仏具店がある場合は相談をしてみてください。

《仏具店に引き取ってもらう場合の費用相場》

仏壇の大きさによって異なりますが、

の費用相場を見ておくと良いでしょう。

位牌の処分も依頼すると時はさらに5,000円程度追加になります。

(3)粗大ゴミとして出す

仏壇をゴミに…というと気持ちの面で少しためらってしまう方も多いと思いますが、閉眼法要を行った後であれば魂も抜けていますので、宗教上においてはただの「物」となります。

そのため粗大ゴミとして出しても何ら問題はありません。

とはいえ仏具ですから、近所の目が気になる・気が引けるといった場合は他の方法を選びましょう。

《粗大ゴミとして出す場合の費用相場》

各自治体によって異なりますが、およそ1,000円~5,000円程度かかると思われます。

なお、ゴミ置場までは自分で運ばなければならないことと、指定された日時以外には出せませんのでご注意ください。

(4)不用品回収業者に依頼する

自宅まで引き取りに来てくれて、なおかつタイミングさえ合えば夜間や土日でも来てくれるのが不用品回収業者です。処分費用は業者によって異なりますので事前に確認をすることと、不法投棄などのリスクもありますので信頼できる業者を選びましょう。

《不用品回収業者に依頼した場合の費用相場》

業者により異なりますが、およそ15,000円~50,000円程度を見ておきましょう。もし運べる範囲に粗大ゴミの指定場所がある場合は、急ぎでない限り粗大ゴミとして出した方が費用は抑えられます。

神棚じまいの方法と費用相場

続いて神棚ですが、まず神棚の中で最も大切なものは「神札」と呼ばれるものです。

神札に神様が宿っているとされていますので、取り扱いには特に注意が必要です。

神棚を処分する方法としては、一般的に次のような方法があります。

神棚じまいの流れ

(1)祈祷してもらう

神棚を神社に持ち込み、神主さんに祈祷を行ってもらいます。一般的には祈祷のあと、そのままお焚き上げをしてくれる神社が多いようです。

《祈祷してもらう場合の費用相場》

神棚の大きさ、祈祷への立会いの有無、あるいは神社によって費用が異なりますが、おおよそ3,000円~12,000円程度の費用と言われています。

または神社によっては「お気持ちで構いません」と言われることもありますので、無理のない範囲で納めるようにすると良いでしょう。

(2)神札を返納する

祈祷ではなく、神札を「古札納所(お札返納所・納札所)」に返納したのち、神棚本体についてはお焚き上げをしてもらう方法があります。

《神札を返納する場合の費用相場》

基本的に返納するだけでは費用は発生しませんが、一部の神社では有料となることがありますので、事前に確認をしておきましょう。

(3)お焚き上げをしてもらう

神社によっては、何もせずに「お焚き上げだけで構いません」というところもあります。これは、お焚き上げそのものが「供養」になるという考え方からです。

《お焚き上げをしてもらう場合の費用相場》

基本的にお焚き上げをしてもらうだけでは費用は発生しませんが、一部の神社では有料となることがありますので、事前に確認をしておきましょう。

なお、環境への影響を考えて、お焚き上げを行っていない神社もあります。その場合、次のような方法で自分で処分することになります。

(4)粗大ゴミとして出す

神札のみ、神社に返納したら基本的には神棚本体は可燃ゴミあるいは粗大ゴミとして出しても問題はありません。しかし、「神様を祀っていた」という縁起物ですので、もし気が引けるという場合は代行業者を選ぶと良いでしょう。

《粗大ゴミとして出す場合の費用相場》

大きさや自治体の規定にもよりますが、500円~5,000円程度の費用になると思われます。

詳しくは管轄の自治体に問い合わせてみてください。

(5)代行業者に依頼する

「ご供養じまい専門業者」が処分してくれるケースもあります。

もしお住いのエリアに専門業者があって、自分では処分したくない・処分できない大きさといった場合には代行業者を検討するのも良いでしょう。

その場合、先に挙げた「祈祷」「返納」「お焚き上げ」など希望の処分方法を代行してもらえます。

《代行業者に依頼した場合の費用相場》

神棚の大きさやどの処分方法を希望するかなどによっても異なりますが、10,000円~30,000円程度の料金になるケースが多いようです。

手段よりも「心」が大切

このように、仏壇じまいや神棚じまいには色々な方法があります。

「どれが正しい」という訳ではなく、処分する側の「心」が最も大切になってきます。

自分が納得できる処分方法を選ぶと同時に、故人の魂が宿っていた仏壇や位牌、神様が宿っていた神札などを「本当に捨てても良いのか」「処分した後に悪いことが起きたら後悔しないか」など処分する「理由」も自分自身が十分納得できるものであることが望ましいでしょう。

もし「本当は処分したくないが、どうしても処分せざるを得ない」というケースの場合は「仏壇や神棚は無くなっても、心の中でいつも感謝をしています」という気持ちを持ち続けることで十分だと言われています。

処分をする前に、処分する側が気持ちの整理をしておくことが大切という訳です。

相談する前に知るべき3つのこと

新着事例

お役立ち情報

よくある質問

+マークをクリック、あるいはタップすると、回答が表示されます。

Q 現地見積もりや相談にお金はかかりますか?

Aご相談、及び現地見積もりは無料です。お気軽にご相談ください。

Q実家にあるお墓を整理したいのですが、費用や手続きな初めてのことで全くわかりません。また、現在は実家の近くに住んでいないのですが、どのようにすればよいでしょうか?教えて下さい。

A当社にて、墓じまいに関するすべてのサポートができますので、安心してご相談ください。費用については、一度、どのような形をご希望かヒアリングさせて頂き、現場確認のうえ改めてご提示させて頂きます。

Q料金プラン以外に別途お金はかかりますか?

Aパッケージ以外に料金はかかりません。ただし、パッケージ料金に含まれるもの、含まれないものはこちらの料金ページに記載していますので、ご確認ください。なお、ご相談内容によって、パッケージ料金は異なりますが、おおよその目安の金額としてご参考頂ければと思います。

対応地域

新潟墓じまい舎は、新潟県全域に施工対応しております。
地元の方のみならず、遠方にお住まい方もお気軽にご相談ください。

あ行:阿賀野市、阿賀町、粟島浦村、出雲崎町、糸魚川市
か行:柏崎市、刈羽村、加茂市、五泉市、魚沼市、小千谷市
さ行:三条市、新発田市、上越市、聖籠町、関川村
た行:胎内市、田上町、津南町、燕市、十日町市
な行:長岡市、新潟市
ま行:見附市、南魚沼市、、妙高市、村上市
や行:弥彦村、湯沢町(ゆざわまち)
※新潟県全域(佐渡市は対応外)となります。

ご相談・現地調査・見積りは無料です♪

「私たちが丁寧にご案内します」

墓じまい舎

電話 携帯OK!お電話によるお問合せ

ご質問やお見積もりなど、お気軽にお電話ください。ご相談、通話料は無料です。

電話 0120-584-850

電話受付:9:00〜18:00(日曜・祝日除く)

電話 メールによるお問い合わせ

メールフォームからお気軽にご相談内容をお送りください。ご相談は無料です。

メールの問合せはこちら

受付:24時間受付中

対応地域:新潟県全域にて対応しております(佐渡を除く)

btn_footer_tel@2x btn_footer_mail@2x